梅雨時は乳腺炎が起きやすい!?

 

 

今回は、長年医療の現場に携わってきた助産師さんからの記事になります。


 

授乳中のママさん❗️オッパイは大丈夫❓

 

 

 

 

『昨日からオッパイの張りが取れなくて、しこりと痛みがあって、38度の熱も出てきたんです。』と産科の乳腺外来に電話が入りました。

今日はこれで3人目です。

梅雨時は多いなあと思いながら受診していただきました。

 

 

1.乳腺炎は梅雨時期になぜ多い?

 

 

 

私達の体の器官は自律神経の交感神経と副交感神経が、

バランスよく作用して良好な状態が保たれています。

 

梅雨の時期は、

低気圧が続いて梅雨冷えが起きたり、

高気圧の時は真夏並みに気温が上昇したりと不安定です。

 

つまり、梅雨時は自律神経が乱れやすくなっているのです。

 

そのため、

体調不良を起こしたり、

乳房についてもトラブルが起こりやすくなります。


 

加えて授乳中のママは、睡眠不足、慢性疲労、不規則な生活を

余儀なくされているのでストレスが溜まりやすいですよね。

 

 

2.どんなトラブル?原因は

 

     

 うっ滞性乳腺炎→ 乳房に乳汁が滞っている

   

  • 授乳の間隔が空き過ぎた
  • babyちゃんの飲みが少なかった
  • 乳汁の成分が固形化して乳管を塞いだ
  • 下着の繊維が摩擦によって乳管口に入る
  • 下着や抱っこひも等で圧迫された


 

 

 化膿性乳腺炎 → 細菌の侵入によるもの
  • 乳頭の亀裂から侵入
  • うっ滞性乳腺炎が長引き移行


 

※「塩分や脂肪分の多い食事と乳腺炎発症の関連に関しては確定的な結論は出ていない」とされています。母乳育児支援スタンダードNPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会)

 

 

3.症状は?
 
  • 授乳が済んだのにオッパイが重い
  • 一部にしこりがある
  • しこりの部分が痛いまたは赤い
  • 熱感がある
  • 乳首が硬く、つまむと痛みがある
  • 寒気や発熱🥵、関節痛がある


 

 

4.対処法と予防法

 

⭐️ポイント1

 

とにかくbabyちゃんに吸ってもらうことです。

しこりがある側から飲ませてください。

 

babyちゃんは一番上手なオッパイマッサージ師です。

 

飲ませながらシコリ部分を乳首の方に向かって押すと効果的です。


 

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。